福島県沖で13日夜発生した地震で、負傷者が福島県で83人、宮城県で52人など、東北、関東の10県で157人に上ったことが15日、総務省消防庁のまとめで分かった。11人が重傷、146人が軽傷だった。福島や宮城などの被災地では大雨に見舞われ、土砂災害への警戒が高まっている。
 震度6強を観測した福島県相馬市では、住宅の屋根瓦が落下する被害が相次いだ。市は雨に備え、ブルーシートや土のうを無料で配布。シートを受け取りにきた遠藤陽子さん(61)は「東日本大震災から10年たち、気を抜いていた部分もあった。念のための備えが必要だと感じた」と話した。
 興仁寺(同市)では拝殿が倒壊した。寺の関係者は「これほど強い揺れは初めて。以前、寺の修復をしてくれた大工に連絡を取り、拝殿の撤去作業をしてもらっている。これから費用がどれだけ掛かるだろうか」と不安げに話した。
 同県新地町の辺見栄子さんの自宅でも屋根瓦が大きく崩れ、15日朝から2階で雨漏りが生じた。宮城県から駆け付けた業者が補修作業をしたほか、14日に地域に住む女性がボランティアでブルーシートを張ってくれたという。辺見さんは「隣近所の助け合いがありがたい。これで少しは安心して寝られる」と笑顔を見せた。
 地震は13日午後11時7分ごろ発生。相馬市や宮城県蔵王町などで震度6強の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは55キロ。地震の規模(マグニチュード=M)は7.3と推定され、東日本大震災の余震と考えられる。
 経済産業省によると、地震の影響で起きた被災地の停電は解消された。厚生労働省によると、福島、宮城などで一時約3万6000戸に上った断水は、9割以上解消された。 
〔写真説明〕大雨に備え、防災備蓄倉庫でブルーシートを受け取る人たち=15日午前、福島県相馬市
〔写真説明〕地震の影響で倒壊した興仁寺の拝殿を修理のために調べる人たち=15日午前、福島県相馬市

(ニュース提供元:時事通信社)