低気圧が急速に発達しながら東海沖から北東へ進んだ影響で、15日午後は東海や関東、東北で風が吹き荒れ、激しい雨が降る所があった。低気圧は16日朝にオホーツク海へ進む見込みで、18日ごろまで強い冬型の気圧配置になる。気象庁は北・東日本では暴風雪や暴風、高波に厳重に警戒し、日本海側は大雪にも警戒するよう呼び掛けた。
 特に北海道の日本海側は、16日に数年に一度の猛吹雪になり、交通に障害が生じる恐れがあり、外出を控えた方がよいという。
 16日にかけて予想される最大瞬間風速は、北海道45メートル、東北と関東甲信、東海、北陸、近畿35メートル、九州北部30メートル。
 16日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北海道40センチ、関東甲信35センチ、東北と北陸、東海30センチ、近畿10センチ。
 その後、17日午後6時までの同降雪量は、北陸60~80センチ、東北50~70センチ、北海道と関東甲信、東海30~50センチ、近畿20~40センチ。
 18日午後6時までの同降雪量は、北陸60~80センチ、東北と近畿50~70センチ、東海40~60センチ、関東甲信30~50センチ、北海道20~40センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)