急速に発達した低気圧が北海道付近を北上した影響で、16日は北・東日本で風が吹き荒れ、雨や雪が降る所があった。上空に寒気が入り、18日ごろにかけて強い冬型の気圧配置になるため、気象庁は西日本を含め、日本海側を中心に暴風雪や大雪、暴風、高波、高潮に警戒するよう呼び掛けた。
 北海道の日本海側では17日明け方にかけ、数年に一度の猛吹雪になる可能性がある。同庁は「重大な交通障害が発生する恐れがあり、屋外での行動は危険な状況になる」として、外出を控えるよう求めている。
 荒天の影響で、日本航空は44便、全日空は34便が欠航した。
 北海道えりも町・襟裳岬では16日午前11時すぎに最大瞬間風速44.9メートルを観測。青森県八戸市では午前3時25分ごろに34.3メートルを観測した。
 17日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、東北と北陸60センチ、北海道50センチ、東海40センチ、近畿20センチ、四国と九州北部5センチ。
 18日午前6時までの同降雪量は、北陸70~90センチ、東北と東海、近畿50~70センチ、北海道30~50センチ、四国20~40センチ、九州北部10~20センチ。19日午前6時までの同降雪量は、北陸50~70センチ、東北と近畿30~50センチ、東海20~40センチ、四国10~20センチ、九州北部1~5センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)