急速に発達した低気圧が北海道からオホーツク海へ進んだ影響で、16日は北・東日本で風が強く、北海道の日本海側北部では猛吹雪になる所があった。冬型の気圧配置が強まるとみられ、気象庁は17日まで西日本を含め、日本海側を中心に暴風雪や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。大雪は18日まで続く所がある見込み。
 北海道の日本海側北部は17日昼前まで数年に一度の猛吹雪になる恐れがあり、屋外での行動は危険なため外出を控える必要があるという。
 荒天で日本航空は46便、全日空は34便が欠航。北海道の高速道路は道央道や道東道などの一部区間が通行止めとなった。JRは宗谷線や釧網線などで運転見合わせが相次いだ。
 17日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸70センチ、東北60センチ、北海道と東海50センチ、関東甲信と近畿、中国40センチ、四国と九州北部20センチ。
 18日午後6時までの同降雪量は、北陸と近畿60~80センチ、東北と関東甲信、東海、中国40~60センチ、北海道と四国20~40センチ、九州北部10~20センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)