【サンパウロ時事】メキシコのエブラルド外相は16日、新型コロナウイルスワクチンへのアクセスをめぐり、ワクチン開発・生産国と中南米諸国など非生産国との間に「不公平」が広がっているとして、17日の国連安保理で問題提起することを明らかにした。メキシコは現在、安保理非常任理事国。
 エブラルド氏は記者会見で「ワクチン生産国は一般に非生産国よりはるかに多くのワクチンを保有している。実際のところ、世界のほとんどの国は今なおワクチン接種が始まってさえいない」と強調。アクセスに不平等や不公平があるとして、問題解決の必要性を訴えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)