発達した低気圧が北海道北部近くにあり、冬型の気圧配置が強まったため、17日は北海道から九州北部の日本海側を中心に風が吹き荒れ、山沿いで雪が降ったほか、北海道で猛吹雪になる所があった。気象庁は18日にかけて暴風雪や暴風、高波、大雪に警戒するよう呼び掛けた。
 北海道雄武町では17日午前6時10分ごろに最大瞬間風速33.6メートルを観測。午前7時までの24時間降雪量は、新潟県魚沼市で65センチ、福島県只見町で60センチ、北海道倶知安町で51センチに上った。
 18日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸80センチ、北海道と東北、東海、近畿60センチ、関東甲信と中国50センチ、四国と九州北部30センチ、九州南部5センチ。
 その後、19日午前6時までの同降雪量は、北陸50~70センチ、関東甲信と近畿40~60センチ、東北と東海、中国30~50センチ、北海道と四国、九州北部10~20センチ、九州南部1~5センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)