【ニューヨーク時事】米メディアが16日報じたところによると、主に同国南部を襲った寒波の影響で、米ゼネラル・モーターズ(GM)やトヨタ自動車などの自動車大手が一部の工場の稼働を休止している。
 GMは中西部インディアナ州フォートウェイン工場など複数拠点で、生産や一部のシフト勤務を取りやめた。トヨタやホンダ、日産自動車も、複数の工場でシフト勤務の中止を余儀なくされた。
 降雪や道路の凍結で、従業員の通勤や部品輸送に支障が出た。一部の工場では、停電やガスの供給不足のために設備が稼働できなくなっているという。 

(ニュース提供元:時事通信社)