東京都は18日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開いた。専門家はワクチン接種に向け「新規感染者数をできる限り減少させる必要がある」と指摘。都内の医療提供体制は、入院患者数が減少傾向になっているものの2000人を超える高水準で、通常医療への影響が続いていると報告した。
 国立国際医療研究センターの大曲貴夫医師は会議で、国内で相次ぐ変異ウイルスに触れ「現状より急速に感染拡大するリスクがある」と警戒感を示した。その上で「ワクチン接種には多くの医療人材が必要になる」と述べ、感染を抑え込んで再拡大を防ぎ、医療関係者の負担を軽減することが重要と訴えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)