小此木八郎防災担当相は19日の閣議後記者会見で、福島県沖を震源とする地震の激甚災害指定について「今のところ基準を満たす調査結果は挙がってきていない」と述べた。
 一方、同日の閣僚懇談会で菅義偉首相から被災地への支援策を取りまとめるよう指示があったことを明かし、「スピード感を持って対応を進める」と語った。
 激甚災害の指定では、国が被害を幅広く調査。指定されると、自治体の復旧事業への補助率が引き上げられるなど特例措置が取られる。 

(ニュース提供元:時事通信社)