【ワシントン時事】バイデン米大統領は19日、対中関係について「長期にわたる戦略的競争に備えなければならない」と強調し、米国、欧州、アジアの連携を訴えた。中国やロシアを念頭に専制国家に民主的価値で対抗していく方針を表明した。オンライン形式で行われた「ミュンヘン安全保障会議」の代替会議で演説した。国際会議で演説するのは就任後初めて。
 バイデン氏は中国に関し、国際経済システムの基盤を損なう不公正な経済慣行や威圧的行動を押し戻す必要があると強調。「中国企業は(米欧の企業と)同様のルールに従うべきだ」と主張した。中国と覇権を争うハイテク分野でルール形成を主導したい考えも示した。
 一方で、バイデン氏は「反射的な反対や冷戦時代の陣営(対立)に戻ってはならない」と指摘し、世界的な課題では中国やロシアとも協調が必要になるとの認識を示した。「存続に関わる世界的危機」と見なす気候変動や、新型コロナウイルス対策などで協力を模索したい意向だ。
 トランプ前政権が離脱したイラン核合意への復帰については、「(欧米など主要6カ国とイランの)交渉に再び関与する用意がある」と決意を語った。ただ、ミサイル開発や武装勢力支援を念頭に「中東を不安定化するイランの活動にも対処しなければならない」と述べ、イラン側をけん制した。 

(ニュース提供元:時事通信社)