【モスクワ時事】ロシアのミシュスチン首相は20日、新型コロナウイルスの3番目の国産ワクチン「コビワク」が承認されたことを明らかにした。ミシュスチン氏は「今日、ロシアは既にワクチンが三つもある唯一の国だ」と誇った。
 ロシアは昨年8月、世界に先駆け国産ワクチン「スプートニクV」を承認。同10月に別の国産ワクチンも承認した。コビワクは政府系の「チュマコフ研究所」が開発。3月中旬には12万回分が国内に供給される。 

(ニュース提供元:時事通信社)