【台北時事】台湾政府の新型コロナウイルス対策本部は21日、新型コロナの感染が確認された3人から、ブラジル型の変異ウイルスが検出されたと発表した。台湾では英国と南アフリカ由来の変異ウイルスが確認されているが、ブラジル由来は初めて。
 対策本部によると、ブラジル型の変異ウイルスが検出された3人は、ブラジルで暮らしていた台湾人家族。1月20日に台湾に戻った後、相次いで新型コロナの症状が出現し、陽性と確認された。ウイルスを詳しく調べたところ、2月20日にブラジル型と確認された。 
〔写真説明〕マスクをして、新型コロナウイルスに警戒しながら新年を祝う台湾の人々=12日、台北(EPA時事)

(ニュース提供元:時事通信社)