東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県知事は23日、テレビ会議を開き、新型コロナウイルス対策に関する共同メッセージをまとめた。発令中の緊急事態宣言について「3月7日までで終わらせる」とし、宣言期間を再延長することなく解除を目指す方針を表明。期間中の感染防止対策の徹底を改めて求めた。
 1都3県の知事は、今後の感染急増を防ぐため、外出自粛やテレワークの実施を強く呼び掛けることで一致。神奈川、埼玉の両県知事は「早期の宣言解除を要望する段階ではない」などと述べ、さらなる感染の抑え込みが必要になると強調した。
 各知事とテレビ会談した西村康稔経済再生担当相は記者団の取材に、「新規陽性者数が下げ止まっている。千葉、神奈川はむしろ増えている状況だ」と指摘。営業時間の短縮要請に応じていない店に対しては「(命令が可能となるコロナ対策特別措置法の)45条適用も視野に入れながら、強力に(対策を)してほしい」と述べた。 
〔写真説明〕埼玉、千葉、神奈川各県の知事とテレビ会議する東京都の小池百合子知事=23日午後、都庁

(ニュース提供元:時事通信社)