福島県沖で13日夜に発生した地震で、福島市の木幡浩市長は25日、死者1人が確認されたと発表した。亡くなったのは、市内在住の50代男性で、地震による死者は初めて。
 木幡市長によると、家族が1人暮らしの男性と連絡が取れなかったため、男性の自宅を23日に訪れたところ、家財の下敷きになっているのを発見。その後死亡が確認された。圧迫による窒息死で、状況などから地震で亡くなったと断定された。 

(ニュース提供元:時事通信社)