島津製作所は25日、子会社の島津テクノリサーチ(京都市)が下水中の新型コロナウイルスを検出するPCR検査サービスの提供を始めたと発表した。同様のサービスは国内初で、主に自治体の利用を想定している。感染者のふん便には発症前と陰性判定後の一定期間、ウイルスが含まれるとされており、感染者の早期把握や感染状況の見極めに有用性が期待できるという。 

(ニュース提供元:時事通信社)