【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は25日、テレビ首脳会議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチン接種をめぐり「目標を達成できると確信している」と語った。夏の終わりまでにEUの成人人口の70%に接種する目標の実現に自信を見せた。
 欧州委員会によると、EU各国に2月末までに供給されるワクチンは約5150万回分。うち約2917万回分が投与済みだが、これは成人人口の約8%にとどまり、英米に後れを取る接種ペースの鈍さが課題となっている。
 ただ、欧州委は製薬各社からの供給量は6月末までに累計6億回分弱、9月末までには10億回分超に達すると想定。フォンデアライエン氏はワクチン確保に「問題はない」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)