【ニューヨーク時事】米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は26日、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用許可を出すようFDAに勧告した。FDAは27日にも米国で3例目のコロナワクチンとして許可を出す見通し。
 既に実用化されている米ファイザー製と米モデルナ製のコロナワクチンは2回の接種が必要だが、J&Jのワクチンは1回で済むため、接種の加速が期待されている。J&Jは、自社のワクチンが零下20度で2年間保存でき、解凍後3カ月間は2~8度で保管できることも利点として強調している。 

(ニュース提供元:時事通信社)