加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、ミャンマー治安部隊によるデモ隊弾圧を受け、「平和に行われるデモ活動に対し、銃を用いた実力行使は許されることではない」と非難した。その上で、ミャンマーに対する経済協力停止などに関し「事態の推移を注視しながら検討していかなければならない」と述べた。
 今回の治安部隊による発砲で多数の死傷者が出たが、加藤氏は現時点で邦人の被害は確認されていないと明らかにした。 

(ニュース提供元:時事通信社)