【バンコク時事】東南アジア諸国連合(ASEAN)は2日、特別外相会議をテレビ会議方式で開き、国軍によるクーデター後、混乱が続くミャンマー情勢をめぐり協議した。治安当局はクーデターに抗議するデモ隊の弾圧を続け、市民に多数の死傷者が出ている。会議では各国が国軍側に状況説明を求め、拘束されているアウン・サン・スー・チー氏の解放や暴力行為の即時停止、対話による解決を促した。
 ミャンマーでは2日も各地でデモが行われた。最大都市ヤンゴンでは市民がヘルメットやゴーグルを着用し、手製の盾で身を守りながら抗議行動を展開。治安部隊は催涙弾を発射し、排除に当たった。地元メディアによると、北西部カレーでは治安部隊が実弾を使用し、デモ参加者に重傷者が出た。
 マレーシアのヒシャムディン外相は外相会議で、一連のデモで死傷者が出ていることに「深い懸念」を表明。国軍に「平和的な集会の場所の提供、言論と表現の自由の確保」を求めた。また、不正があったと国軍が主張する昨年11月の総選挙について調査するASEAN専門家グループの創設を提唱した。 
〔写真説明〕2日、テレビ会議方式で行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)特別外相会議(マレーシア外務省提供)
〔写真説明〕2日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、催涙ガスを浴びるデモ隊(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)