【ニューヨーク時事】米南部テキサス州のアボット知事が新型コロナウイルス感染防止のためのマスク着用義務を終わらせると宣言した一方で、同州に工場を構えるトヨタ自動車と米ゼネラル・モーターズ(GM)は2日、工場などでの従業員のマスク着用を続ける方針を示した。
 トヨタの北米法人は「当面マスク着用を継続していく」と回答。ロイター通信によれば、GMも「従業員を守るため(マスクなどの)安全対策を続ける」と表明した。
 テキサス州はマスクの義務化をやめるが、米疾病対策センター(CDC)は社会的距離の確保やマスク着用といった感染対策を引き続き呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)