日本医師会の中川俊男会長は3日の定例記者会見で、7日に期限を迎える新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言について「延長し、感染防止策を徹底すべきだ」との考えを表明した。宣言が発令されている東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県で新規感染者数の減少スピードが鈍化していることを挙げ、「徹底的に感染を抑え込んだ上で解除しなければ、『第4波』を招く恐れがある」との見方を明らかにした。
 中川氏は、期限を決めずに宣言を延長し、解除の判断は感染状況を踏まえるよう提案。感染状況を示す指標に関して、解除の目安となる「ステージ3」よりも改善された「ステージ2」相当まで抑え込む必要性を強調した。また、現段階で解除した後に感染が再拡大すれば「本格化するワクチン接種の妨げになりかねない」とも指摘。人が集まる集団接種などのスケジュールに影響が出ることへの懸念も示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)