理化学研究所などはスーパーコンピューター「富岳」(神戸市)を使った計算や実験で、マスクを2枚重ねて着用する「二重マスク」の飛沫(ひまつ)抑制効果を調べ、4日、結果を公表した。効果は限定的で、研究チームは「1枚の不織布マスクをきちんと付けることが大事だ」と呼び掛けた。
 理研チームリーダーの坪倉誠・神戸大教授らは、不織布マスクの鼻に当たる部分にある金具を曲げ、マスクを顔に密着させた場合と、金具を曲げずにそのまま付けた場合の飛沫抑制効果を富岳で計算。密着させた場合は飛沫の85%がマスクで抑えられたのに対し、金具を曲げなかった場合は69%しか抑えられなかった。
 金具を曲げずに付けた不織布マスクの上にウレタンマスクを重ねると、抑制率が89%に上昇したが、不織布マスク1枚をきちんと密着させた場合との差はわずかだった。
 坪倉教授は「マスクだけでは限界がある。手洗い、換気、人との距離、接触時間など総合的な観点から感染予防対策を考えることが必要だ」と話した。 

(ニュース提供元:時事通信社)