東京都は4日、都内の新型コロナウイルスの感染状況と医療提供体制を分析するモニタリング会議を開いた。新規感染者数の減少速度が鈍化している中、出席した専門家は、緊急事態宣言の解除に向け「現状の人の流れの抑制にとどまらず、もう一段の対応が必要だ」と指摘。感染再拡大を警戒する意見も相次いだ。
 国立国際医療研究センターの大曲貴夫医師は会議で、昨年夏の「第2波」では感染者数が十分に減少せず、その後急激に感染が拡大し「第3波」に至ったと強調。宴会を伴う花見や歓送迎会をきっかけに「感染者が再び増加に転じることが危惧される」と訴えた。 
〔写真説明〕専門家とともに新型コロナウイルスの感染状況などを分析する東京都のモニタリング会議=4日午後、都庁

(ニュース提供元:時事通信社)