気象庁は5日午前、ニュージーランド北方沖で起きたマグニチュード8.1の地震の影響で、同日午後2時半ごろ以降、北海道から沖縄にかけての主に太平洋側沿岸で若干の海面変動が予想されると発表した。被害の心配はないという。
 気象庁によると、予想される海面変動の高さはいずれも20センチ未満。今後1日程度継続する可能性が高い。 

(ニュース提供元:時事通信社)