SUBARU(スバル)は5日、ブレーキに不具合があったとして、乗用車「レヴォーグ」計1万2094台(2020年11月~21年2月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
 国交省によると、ブレーキを構成する部品の組み立てが不適切で、バッテリーが上がったり、ブレーキペダルが重くなったりする恐れがある。不具合は計45件報告され、2月に物損事故が1件あった。 

(ニュース提供元:時事通信社)