政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は5日の参院予算委員会で、新型コロナ終息の時期を問われ、季節性インフルエンザと同等の病気と認識されるまで「2~3年」かかるとの見通しを示した。日本維新の会の浅田均氏への答弁。
 尾身氏は、今後ワクチン接種が進めば発症や重症化が予防できると分析。今年12月ごろまでに全国民の6~7割の接種が一巡したとしても、依然としてクラスター(感染者集団)や重症化は起こり得ると説明した。
 その上で、尾身氏は「さらにもう1年、あるいはさらにもう1年たつと、季節性インフルエンザのように不安感、恐怖心がないということが来る。その時が終息みたいな感じになる」との見方を示した。 
〔写真説明〕参院予算委員会で答弁する政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=5日、国会内

(ニュース提供元:時事通信社)