厚生労働省は5日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを接種された医療従事者の30代女性が、強いアレルギー症状「アナフィラキシー」を発症したと発表した。国内での同症状の報告は初めて。女性はぜんそくなどの基礎疾患があった。治療薬を注射し、症状は改善した。
 厚労省によると、症例報告した医師は、接種との因果関係について「関連あり」とする一方、ぜんそくが要因の可能性もあると指摘した。女性は5日の接種から5分以内にせきが見られ、その後、呼吸が速くなったり、全身にかゆみが出たりした。治療薬のアドレナリンを投薬後、改善した。 

(ニュース提供元:時事通信社)