東京都の小池百合子知事は7日、都庁で政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長と会談した。小池氏は退庁時、記者団に「リバウンド(感染再拡大)を防ぐためのさまざまな方法などを意見交換した」と述べた。
 会談には、感染症対策の都専門家ボード座長を務める東北医科薬科大の賀来満夫特任教授も同席。小池氏は、今後の対策について「これからも(関係機関と)連携してやっていくので、また都民にもお願いすることになると思う」と話した。 

(ニュース提供元:時事通信社)