楽天モバイル(東京)は10日、携帯電話サービスで提供する無料通話アプリ「Rakuten Link」の利用者のチャット内容などが一時、第三者に見られる状態になっていたと発表した。延べ16人の連絡先などが漏えいした。同社によると、約250人分の個人情報が流出した恐れがある。
 楽天モバイルでは昨年10月と11月、アプリを管理するシステムに不具合が発生。利用者のチャットの履歴や連絡先などについて、別の利用者に見られる状態となった。 

(ニュース提供元:時事通信社)