厚生労働省は12日、フィリピンから到着した60代男性から、新たな種類の変異ウイルスを検出したと発表した。男性は2月25日に成田空港に到着し、検疫で陽性と判明。現在施設で療養している。
 厚労省と国立感染症研究所によると、新たな変異ウイルスはフィリピン中部で1月下旬ごろから確認され始め、同国内でこれまで34例が報告された。同国外での確認は初めてとみられる。
 英国などで流行する変異ウイルスと同様、感染力が強まっている可能性がある。また南アフリカとブラジルで確認された変異ウイルスと似て、ワクチンなどで得た免疫の効果が弱まるとも指摘される。
 厚労省などは今後、フィリピン国内で今回のウイルスがまん延していないかを注視し、水際対策の強化を検討する。 

(ニュース提供元:時事通信社)