栃木県は13日、芳賀町の養鶏場で致死率の高い高病原性の鳥インフルエンザが発生したと発表した。同県の養鶏場で確認されたのは初めて。県は飼育する7万7000羽すべてを殺処分する。
 県によると、13日午前10時に芳賀町の養鶏場から死ぬ鶏の数が増加したと連絡があり、簡易検査で陽性を確認した。その後の遺伝子検査の結果、高病原性の感染が確定した。 

(ニュース提供元:時事通信社)