兵庫県は16日、同県丹波市で発見された死んだ野生イノシシ2頭が、家畜伝染病「豚熱(CSF)」に感染していたと発表した。同県での感染確認は初めて。
 県によると、2頭は成獣で14日に山中で発見された。今後、県内全ての養豚場などで飼育されている豚やイノシシについて異常の有無を確認する。全頭にワクチンを接種しているため、移動や出荷は制限しないという。 

(ニュース提供元:時事通信社)