東京都は17日、新たに409人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。新規感染者が400人を超えたのは2月18日(445人)以来27日ぶり。新規感染者数の直近7日間平均は298.9人で、前週比112.7%。都基準の重症者は前日より1人減って41人になった。
 都によると、新たな感染者は20代が88人で最も多く、30代69人、40代58人と続いた。65歳以上は85人。
 全国では計1535人の陽性が判明した。新規感染者が1500人を超えるのも2月18日(1538人)以来。死者は43人だった。宮城県では過去最多となる107人の感染が分かった。
 厚生労働省によると、16日までの1週間に、英国などで流行する変異ウイルスが128人から検出され、国内の感染者は計399人となった。新たに見つかったのは北海道、徳島、香川、愛媛、沖縄の5道県。空港検疫でも新たに11人判明し、感染者は計86人となった。 
〔写真説明〕緊急事態宣言延長下でも、人通りの多い渋谷スクランブル交差点=12日、東京都渋谷区

(ニュース提供元:時事通信社)