日本医師会の中川俊男会長は17日の定例記者会見で、政府が新型コロナウイルス対策として東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県に発令中の緊急事態宣言をめぐり、21日の期限で解除した場合は宣言に準じた対処を可能とする「まん延防止等重点措置」に直ちに移行するよう求めた。同措置は、コロナ対策の改正特別措置法で新たに定められた。 

(ニュース提供元:時事通信社)