【ワシントン時事】バイデン米大統領は17日放映されたABCニュースのインタビューで、アフガニスタン駐留米軍の全面撤収について、当初の期限である5月1日までの実施は「難しい」と述べ、期限を延長する可能性を示唆した。バイデン氏がアフガン撤収期限について見解を示したのは初めてとみられる。
 バイデン氏は、トランプ前政権が昨年2月にアフガンの反政府勢力タリバンと締結した和平合意に関し、「しっかりとした交渉を経た合意ではない」と批判。撤収の可否について同盟国と協議中で「そう遠くない」うちに決断すると述べる一方、「(5月1日までの撤収は)可能かもしれないが、難しい」と指摘した。
 バイデン政権は、タリバンが国際テロ組織アルカイダとの関係断絶や暴力行為の削減などの合意事項を履行していないと強調。タリバンとの合意を再検証し、撤収計画を見直す可能性も示唆していた。 

(ニュース提供元:時事通信社)