【ワシントン時事】米中外交トップの会談が18日、アラスカ州アンカレジで行われた。ロイター通信によると、ブリンケン国務長官は冒頭、中国による香港の統制強化などに関し「世界の安定を維持するルールに基づく秩序を脅かしている」と非難した。一方、中国の楊潔※(※竹カンムリに褫のつくり)共産党政治局員は「内政干渉には断固反対する」と反発し、双方は激しく応酬した。
 バイデン政権は中国を「21世紀最大の地政学的試練」と位置付けている。米中会談は政権発足後初めてで、翌19日も継続。共同声明などの発出は予定されていない。
 米側からブリンケン氏、サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)、中国側から楊氏、王毅外相が出席した。
 ブリンケン氏は「深刻な懸念」として、新疆ウイグル自治区の人権侵害や台湾問題、米国へのサイバー攻撃、同盟国の経済的抑圧などを列挙。また、サリバン氏は「われわれは紛争を求めるのでなく、厳しい競争を歓迎する」と語った。
 国務省副報道官は18日の記者会見で、「会談は、双方がどの分野での協調に関心があるか把握する機会になる」と指摘。気候変動などで協力できるかどうかも模索する。
 これに対し、楊氏は「米国は軍事力と金融覇権を用いて遠くまで権限を行使し、他国を抑圧している」と非難。「国家安保の概念を乱用し、正常な貿易を妨害し、中国を攻撃するよう幾つかの国をたきつけている」と主張した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、中国側は、通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)に対する輸出規制の解除などを要求する見通しだ。 
〔写真説明〕18日、米アラスカ州アンカレジで、米中外交トップ会談に臨む米国のブリンケン国務長官(右から2人目)とサリバン大統領補佐官(右)(AFP時事)
〔写真説明〕ブリンケン米国務長官=3日、ワシントン(AFP時事)
〔写真説明〕サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)=12日、ワシントン(EPA時事)
〔写真説明〕18日、米アラスカ州アンカレジで、米中外交トップ会談に臨む中国の楊潔※(タケカンムリに褫のツクリ)共産党政治局員(中央)と王毅外相(左から2人目)(AFP時事)
〔写真説明〕中国の王毅外相=2月22日、北京(AFP時事)
〔写真説明〕中国の外交政策を統括する楊潔※(※竹カンムリに褫のつくり)共産党政治局員=2018年11月、ワシントン(EPA時事)

(ニュース提供元:時事通信社)