加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、日本原子力発電東海第2原発の運転差し止めを命じた水戸地裁判決について、「国は直接の当事者でなく、判決に対するコメントは差し控えたい」と論評を避けた。判決は防災体制が不十分だと指摘しており、加藤氏は「関係自治体と緊密に連携し、政府も前面に立って原子力防災体制の充実・強化に取り組んでいきたい」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)