【カイロ時事】サウジアラビア国営メディアによると、首都リヤドにある石油精製施設が19日、無人機による攻撃を受け、火災が発生した。すぐに鎮火され、人的被害や石油供給への影響はなかったという。サウジ政府は「卑劣なテロ攻撃」と非難した。
 サウジが内戦に軍事介入しているイエメンの親イラン武装組織フーシ派は、リヤドにある国営石油会社サウジアラムコの施設を標的に無人機6機で攻撃したと主張した。 

(ニュース提供元:時事通信社)