【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は独メディアに、英製薬大手アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンをめぐり「われわれには輸出を禁じる選択肢がある」と語り、ワクチンをEUに優先供給するよう同社に警告した。
 AFP通信が20日、独フンケ・メディアグループに述べた内容として伝えた。「他国への供給を始める前にまず欧州との契約を履行せよというのがメッセージだ」とも強調した。
 アストラ社は英国には比較的順調に供給を続けてきた一方、EUへの供給は契約内容から大幅に遅れ、加盟国の接種計画に狂いが生じている。輸出を禁止すれば、英国との対立激化は必至。同社ワクチンを一部輸入予定の日本にも懸念を広げそうだ。 

(ニュース提供元:時事通信社)