加藤勝信官房長官は22日の記者会見で、新型コロナウイルス対策として首都圏4都県に発令されていた緊急事態宣言が解除されたことに関し、「引き続き自治体と緊密に連携して感染拡大防止に努めていく」と述べ、警戒を続ける方針を示した。国民に対し「マスク着用、手洗い、3密の回避など基本的な感染防止対策は続けていただくことをお願いしたい」と呼び掛けた。
 加藤氏は「1週間平均の新規感染者数を見ると、埼玉、千葉、神奈川では減少傾向となっているが、東京都では増加傾向だ。首都圏を中心に人出が増える傾向がみられている」と指摘した。 

(ニュース提供元:時事通信社)