加藤勝信官房長官は23日の記者会見で、宮城県の新型コロナウイルスの新規感染者数が急増していることを受け、緊急事態宣言に準じた対策が可能となる「まん延防止等重点措置」の適用を含め、今後の対応を検討する方針を示した。「県と連携しながら対応したい。その中には当然、まん延防止等(重点措置)も含まれていく」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)