気象庁は23日、群馬・長野県境にある浅間山の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げた。火山性地震や火山ガスが増えたため。火口から約2キロ以内は大きな噴石や火砕流に警戒が必要。
 一方、草津白根山(群馬県草津町など)のうち、白根山(湯釜付近)の噴火警戒レベルは2から1に引き下げた。火山性地震が低調となり、静穏時の状態に戻る傾向にあるため。今後も火口から約500メートル以内は火山灰などの噴出に注意が必要という。 

(ニュース提供元:時事通信社)