全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らは25日、新型コロナウイルス対策をめぐり西村康稔経済再生担当相とテレビ会議で意見交換した。知事会は西村氏に対し、まん延防止等重点措置について、地域を限定して機動的に発動するよう求めた。
 西村氏は、新規感染者が急増する宮城県の状況に触れ、県独自の緊急事態宣言などが出ていることから「効果をしっかり見極めていきたい」と語った。その上で感染状況が改善されない場合は「まん延防止等重点措置も機動的に対応できるように、しっかりと(県と)連携して取り組んでいきたい」との考えを示した。
 知事会は西村氏に対し、緊急事態宣言が発令されなかった地域への経済支援も要請。地方創生臨時交付金に、こうした地域向けの特別枠を設けるよう提案した。西村氏は「真摯(しんし)に受け止め、さらにどういう対応ができるか検討を急いで進めたい」と応じた。 
〔写真説明〕新型コロナウイルス対策をめぐり、テレビ会議で西村康稔経済再生担当相(画面左下)と意見交換する全国知事会のメンバー=25日午後

(ニュース提供元:時事通信社)