【イスタンブール時事】トルコの最大都市イスタンブールで25日、中国の王毅外相のトルコ訪問に合わせ、中国・新疆ウイグル自治区からの亡命者らによる抗議デモが行われた。会場には1000人以上が集結し、「中国はウイグル族の迫害をやめろ」と気勢を上げた。
 デモに参加したアブドゥルセミ・ホテンさん(28)は「ウイグル族の虐殺について、トルコは中国政府にしっかり物申してほしい」と訴えた。24歳の男性は「中国は私をテロリストと呼ぶ」と恐怖を語り、「どうかトルコには見捨てないでほしい」とすがるように語った。 
〔写真説明〕当局に拘束されてから行方が分からなくなった娘の写真を手に、中国政府に抗議するウイグル族の男性=25日、イスタンブール

(ニュース提供元:時事通信社)