26日午前0時10分ごろ、茨城県土浦市のJR常磐線の土浦―神立間の線路上で、フェンスを突き破って進入してきた普通乗用車と品川発勝田行きの下り普通電車(10両編成)が衝突した。先頭車両が一部脱線したが、乗客乗員64人にけがはなかった。
 県警土浦署などによると、線路沿いの県道を走っていた車が、進路左側の民家の塀にぶつかり、その反動で右側のフェンスを突き破って線路内に進入。その後、進行してきた電車と衝突した。衝撃で車から出火し、先頭車両の一部が燃えた。
 車の運転手の行方は分かっていない。事故前に、県道上で同署員らに停止を求められ、逃走した不審車両があり、同署が関連を調べている。
 事故により、常磐線は土浦―羽鳥間で運転を見合わせ、その他の区間でも本数を減らして運行している。 

(ニュース提供元:時事通信社)