三菱電機は26日、クラウドサービスに不正アクセスを受け、国内の取引先が金融機関に開設している口座情報が外部に流出した問題の調査結果を発表した。昨年11月に公表した8635口座に加え、子会社「三菱電機インフォメーションネットワーク」の国内取引先、151口座の情報流出が新たに判明。このほか、取引先の連絡先など964件の個人情報も流出していた。
 流出したのは子会社が取引先に代金を支払う際に使う口座の番号や名義など。何者かが中国子会社に不正アクセスし、三菱電機と国内子会社の一部従業員のアカウント情報を盗み、本人に成り済まして内部情報を閲覧したり、ダウンロードしたりしていた。
 三菱電機は「多大な迷惑と心配を掛けたことを深くおわびする。新たな攻撃につながる可能性があるため、攻撃と対策の詳細は差し控える」と説明している。 

(ニュース提供元:時事通信社)