日中両国の防衛当局は29日、東シナ海での偶発的衝突を回避するための「海空連絡メカニズム」に基づく年次会合をテレビ会議形式で開催した。日本側は、中国海警局の武器使用権限を明確化した海警法に強い懸念を表明。「力を背景とした一方的な現状変更の試み」に反対する立場を伝えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)