【北京時事】ミャンマーとの国境に位置する中国南西部の雲南省瑞麗市は31日、新型コロナウイルスの感染者9人を新たに確認したと発表した。市当局は約21万人の全市民にPCR検査と当面1週間の外出禁止を命じるとともに、市への出入りを原則禁じる都市封鎖に踏み切った。
 感染者のうち4人はミャンマー籍。瑞麗市は三方がミャンマーと接しており、ミャンマーとの貿易の窓口になっている。市の通達では、密入国者への取り締まりを強化することも強調。国軍による市民弾圧が続くミャンマーから逃れてきた人が、コロナ対策を名目に摘発される可能性もある。 

(ニュース提供元:時事通信社)