菅義偉首相は6日、東京都内で2回目となる新型コロナウイルスワクチンを接種した。16日に米国で行われるバイデン米大統領との初の首脳会談に向けた対応。首相が使用する米製薬大手ファイザーのワクチンは1人当たり2回の接種が必要で、通常3週間の間隔を空けて打つ。首相は1回目の接種を3月16日に受けていた。 

(ニュース提供元:時事通信社)