新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」は7日、大阪府や兵庫県など関西圏について、「感染拡大が強く懸念される状況が継続している」との見解をまとめた。病床逼迫(ひっぱく)などにより、医療提供体制は「大変厳しい状況」と評価した。 

(ニュース提供元:時事通信社)